契約時の文書は外国文に翻訳したものを使うのか。|美浜町、南知多町、武豊町の不動産のことならゑびす不動産へお任せください

【営業時間】10:00〜19:00 【定休日】水曜日

現在公開中の物件

一般公開物件:

会員限定物件:

店舗情報

ゑびす不動産

ゑびす不動産

〒470-3235

知多郡美浜町野間字若松28番地13

0569-89-7429

0569-84-7501

10:00〜19:00

水曜日

知多半島の物件を中心に取り扱っています。 ~窓から 海が見える不動産~

会社概要

契約時の文書は外国文に翻訳したものを使うのか。

外国人が日本で契約をする際、日本の法律である宅地建物取引業法が適用されるので当然それらの書面の様式や内容は日本語で書かれたものです。
日本語が分からない場合、外国語に翻訳したものを添付し、説明をします。
通訳を通して契約をした場合には、通訳の人にも署名・押印をしてもらう。
通訳を通けて契約をする場合には、委任状を受領します。

ページの先頭へ